TAMRON 24-70 F2.8 A007 退院

tamron17022.jpg
修理に出していたTAMRONのレンズが帰ってきた。大体一週間。
修理料金は代引きなのだが、前もって修理代の連絡が無いのでお金を準備しておけなくて困る。
修理料金は1.1万+TAXで、TAMRONのwebの普通修理の料金だった。
伝票によると、ライブビュー不良、レンズの認識不良は電装部品不具合、F8より開かなくなるのは絞り動作不具合、ズームリングの引っかかりは内部部品外れ、と書いてある。まあ、接点の不良と、内部の部品脱落は別の要因だと思うので、二つの故障が同時に起こるというのはかなり問題がある。
修理の料金は安く、対応も早いのだが、壊れないレンズを作ってくれる方が断然良い。
何回も書いているが、私の買ったタムロンのレンズ3本はすべて普通に使っているだけで壊れた。Nikonのレンズで壊れたのは山で転んで岩に叩きつけられたNikon 1の6.7-13mmだけ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク