Nikon D600 退院

camera17033.jpg
修理に出していたD600が返ってきた。
連休前の16日に出したのだが、Nikon側の受け取りが休みの日は無いようで、連休明けまでヤマト運輸に留め置き。その後22日に見積り25466円のメイルがきた。とはいっても、連絡先も書いていないので、承諾も何も無しに修理は進むようで、実際24日に届いた。
修理自体は23日に終わって、23日付けの送付の案内が出されていたようだが、実際にメイルが届いたのは荷物を受け取った後。代引きなので突然金を請求されても非常に困る。修理代金は見積りよりもずいぶん安くて13346円。
修理伝票によると
- 破損のため、F-FO基板部組を交換した。
- ローパスフィルター洗浄
- 劣化のため外観ゴムを交換
F-FO基板と言うのが何なのか全くわからないが、レンズとのコンタクト周辺にあるものなんだろう。交換されたという外観のゴム製品なのだが、どこなのかわからない。見たところ外観に使われているゴム製品はどれも使い古された感じがしている。
当たり前だが、レンズは今までどおり使えるようになった。
D5100と比べると操作性が断然いいので助かる。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク