ロールイン後の作業 (2)

belle1704b.jpg
昨日の最後の測量の結果わかった測量のシステマティックを回避する工夫をしてもらっている間に、ピンを仮止めしてあるアンカーホールに下ろす。
下ろすのは油圧システム(左上)で、あまり乱暴に下ろすとその勢いでBelle2が動いてしまうかもしれないので圧力を下げてゆっくり下ろす。
ピンが出てくるところ(ハカマと呼んでいる)には作業員を配置して様子を監視してもらう(右上)。
写真中段はピンが出てくるところで左からピンが出ていない、テーパー部分が出ている、完全に下りきった状態。下りきった状態だと、アンカーホールのテーパーに当たるので、穴は全く動かなくなる。位置さえ決まっていればこの状態でモルタルを流し込んで固定することになる。
この状態で測量をしてもらい、システマティックこみで見ても、B(ビーム)側に少し行き過ぎていたので最後に0.2mm程戻してもらい、その位置でBelleを床に固定(左下)。
最後の測量の結果を見て(右下)、ベストは尽くしたということで位置調整は終了。加速器の電磁石グループに引き渡す。彼(女)らはFAROのレーザートラッカーシステムを使って、筑波直線部を広範囲に測量して、加速器としてBelleの位置がどうずれているのか、教えてくれることになっている。
その結果問題無ければ、そのままモルタルで固定、問題があれば、再度位置調整することになる。平行移動はそれ程難しくないことがわかったので、一日あれば、希望の量動かせるだろう。
加速器が測量している間しばらくこちらの作業は無いので少しはゆっくり出来そうだ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク