A. Gorlatch ピアノリサイタル

piano17041.jpg
つくばコンサートが終わってしまって以来行くことも少なくなってしまったコンサートだが、久しぶりにノバホールにコンサートを見(聞き)に行ってきた。
アレクセイゴルラッチさんは多分つくばは3度目で、2010年2012年にきている。いつ頃決まって発売開始されたのかは知らないが、ノバホールで偶然見つけて購入。指定席はもともとノバホール販売分にはろくな席が無かったと、私は後の方に座ることにしているので自由席3500円。開場時間ごろに行って中央左より後ろから二番目の席を確保した。どうせいっぱいにはならないだろうと思っていたら、東京中心のマーケティングをしているからだろうか8割くらいの入りだった。
プログラムは、
Op.61 Polonaise-Fantasie
Op.67 4 Mazurkas
Op.68 4 Mazurkas
Op.60 Barcarolle
--- Intermission ---
Op.35 Sonata No.2
Op.57 Berceuse
Op.31 Scherzo No.2
--- Encores ---
Op.28 24 Preludes No.4, No.24
Op.10 10 Etudes No.4, No.1
なにか覚えがあるなと思っていたら、2010年のコンサートとほとんど同じ。お気に入りなのか、レパートリーが少ないのか、Op.67,68あたりは大した曲とも思わないし、続けて演奏する意味もないので、他の曲にしてほしいところ。
演奏自体は過去二回のコンサートの時の印象と同じ。十分なメカニック、キレイでコントロールされた演奏。あまり大きくならしたりしない。妙にゆっくりになったり、ひどくあっさり弾いたりするが全体に温度の低い演奏という印象。
アンコールは前奏曲と練習曲から二曲。
若いのにもう少しバリバリ弾くレパートリーもあった方がいいのでは?

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク