冷水器 ナカトミ NWF-W18B2

reisui17061.jpg
筑波実験棟で作業をしていると、作業着を着ているのでひどく暑い。なので、休憩時間になると、皆さん筑波実験棟外の自動販売機で飲み物を買って飲んでいる。作業員の健康を人質にコカコーラを儲けさせても仕方ないので、熱中症予防にせめて水くらいは供給したいと、夏がくる度に冷水器を買おうと思いたつのだが、ぐずぐずしているうちに秋になって涼しくなる事の繰り返し。
今年こそはと思い、最初は給排水管が直結したペダルを踏んだりボタンを押すと冷水が飛び出るタイプのものを調べたのだが、設置場所と配管を考えるとかなりの金がかかりそうで二の足を踏んでいた。ある日、タンク式のものにすればいいのだと気がついて探したところ、18L供給できるものが非常に安く売られていることに気がつき、それで行くことにした。
買ったのはナカトミのNWF-W18B2という商品で、大体3万円くらい。これだと、高級な湯沸かしポットとそんなに変わらない。それに、紙コップディスペンサーと紙コップ。
写真を見て分かるように、食堂に置いてある水が出る機械そのもの。上部が水槽になっていてここに水を入れると、コンプレッサーで冷やしてくれるというもの。値段なりのチープなもので高級感はゼロ。
こういう形状なので洗浄が厄介なのだが、何とか二度ほど洗って、浄水を入れて試用をしてみたところ、当たり前だが冷たい水が出てくる。
水とはいえ、口に入るものなので、衛生面も考えないといけない。まず監視員室で使ってみて、様子を見てから写真右下のダルマの下に設置する予定。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク