ARICH組み立て (1)

arich17081.jpg
遅れに遅れていたARICHだがようやくRadiator(輻射体)側と光検出器側を組み立てるというので見物に行ってきた。
左上はAerogel Radiatorが露出した状態で吊っているところ。これをクレーンを使って右上の立てた状態にする。
これで、Radiator側の準備が出来たので、光検出器側のカバーを外して光検出器を露出させる(左中)。
後はクレーンでRadiatorを慎重に近づけていき(右中、左下)、ネジ止めして、Radiatorを保持していた治具を外すと右下の状態になる。これで作業の半分が終了。昼休みに入る。
Aerogelは非常に脆いので全体が露出した状態はほとんど見ることが出来ない。こうやって写真で撮られたものを見ると少し紫色に見える。長波長側が散乱されるということか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク