ショパンコンクール 2010

今年はショパンの生誕200年記念なのだがちょうど5年に一度のショパンコンクール(16回目)をやっている。
コンクールのweb siteに行くと、ライブストリーミングが有るので、国際会議のスライドを作るBGMにしている。
今は、1st Stageの最中で、一人20分くらいの持ち時間で変わるがわる似たような曲を弾いていく。ショパンの曲しか弾けないし、指定されている曲が少ないのでしょうがない。
私の大好きな、Nocturne 13番 Op.48-1を選んでくれる人が何人かいる。この曲は夜想曲と言うよりはBalladeみたいなのだが、前半はしっとりと、後半は情熱的に、メロディーを歌い上げないといけなくて、歌い方は好みも入るので満足いくものは少ない。
岩崎洵奈さんの演奏は生で聞いたときは情熱的でいいと思ったのだが、聞き返すと、やや荒っぽく雜に聞こえる部分も有る。Rashkovskiyさんの演奏は逆に生で聞いたときはつまらなかったのに、聞き返すと、悪くない。私くらいの耳だと、客観的判断は難しいということか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

light higgs

Author:light higgs
KEK(高エネルギー加速器研究機構)@つくば市でBelle2という実験をやっている。
自称『日本最低の物理屋』。
『円眞堂』(えんしんどう、本当は圓眞堂)は父の屋号です。写真のぬいぐるみについてはこのエントリ参照のこと
中村円眞堂@instagram

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク